2010年04月17日

1st Break : ウォーキングの日

今日は、インターンがお休みなので、便乗してブログもお休みしようかと思います。悪しからず。


片道40分くらいの大きな公園(大濠公園)に散歩に行ってきました。
う〜ん、いい運動になったな〜。


neko.jpg

tenpura.jpg

ume.jpg

oohori.jpg
posted by @hambalek at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | インターン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

5th day : いま、ARGの歴史が動く。

現在インターンで絶賛お世話になっているエレメンツ様から、今日重大な発表がありました。

ででん。

tweet.JPG

(公式ブログはこちら http://blog.livedoor.jp/twit_hunt/

『天神ツイット・ハンティング』は、Twitterを活用し、プレイヤー自身が謎を解いていくライブミステリーゲームです。
あなたはFrenzyからの挑戦状を受け、隠された宝を見つけなければなりません。
(公式ブログより)


というわけで、本日、エレメンツ様が制作した新しいゲームのプレスリリースがありました。
実はこれ、テレビやゲーム機を使ったゲームではありません。
実際にプレイヤーが、その場所に赴き、自分の足で歩き回り、自分で見聞きした情報を下に、自分の頭(+Twitterユーザーの支援)で考え抜くという、現実世界を舞台にしたゲームなのです!

このような現実世界を舞台に遊ぶゲームは、ARG(Alternative Reality Game 代替現実ゲーム)とも呼ばれ、新たな潮流として国内外で注目を浴びています。

しかし、ARGというのは、まだ正確な定義のない新しい言葉。


私は『天神ツイット・ハンティング』はおそらく従来のARGの定義に捉われない、前衛的なゲームに仕上がっているものと想像しています。



いや、私もみなさんと同様、このゲームの内容は、何も知らないんですけれどねw
バリバリのトップシークレットです。

ただ、身近に居る者として、相当の意気込みを肌で感じていることだけは、確か。


面白いゲームになるどころか、もしかしたら歴史的なゲームになるかもしれないので、当日に参加可能な方はもちろん、Twitterユーザーの皆様方も是非参加してくださいね。



写真.jpg

チキンカツカレーが大盛りになって帰ってきた。
posted by @hambalek at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インターン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

4th day : プレイヤーの気持ちに思いを馳せる。

できれば、jpgなどにして、見やすくしたかったのですが、う〜む...。

すみません、とりあえず今回はpdfファイルのままで失礼します!


私特製の1ページ企画書 修正前
バイヤーRPG企画_ハンバレク_100414.pdf


一応、すべての項目に書き込まれていますが、今日お話したいのは、主に項目1と3。


1. こんな人のこんな気持ちが

ルーチンワーク的で、変化や感動に乏しく、閉塞的な日常にうんざりしている。飽きている。

3. こんな気持ちに変わった!

外の世界や人々に目を向けることができるようになり、少し視野が広がった。
開放的な気持ちになった。


この部分です。なぜなら、今日は持ち時間めいっぱい使って、この項目の修正を行ったからです。
今回のインターンでは、みっちり時間をかけて、この企画書を煮詰めていく計画なのですね。

私は上記の項目を書くとき、いったんゲームのことから離れて、人の気持ちをしっかりイメージして書こうとしました。
そして、石川さんに講評していただいた訳ですが、曰く、想定している感情が広範にわたっていて、散漫になってしまっている。もっと、具体的な気持ちを、ストレートな言葉で書けるはず。
私の文は、気持ちを書くんだと意気込むあまりに、ひどく抽象的になってしまったということですね。

この指摘を受けた瞬間はへこみました。しかし、次の瞬間、あまりに優しい石川さんは、「例えば〜」と前置きしながら、それほとんど答えじゃね的ヒントを私に授けてくれたのです!
「このゲームのポイントは、海外旅行者の気持ちなんじゃないかな」「海外に行きたがらない若者がいるって最近聞くけど、そういう指摘に対して回答を用意しておくことが大事。若者は実はお金がないだけで、本当は海外に行きたがっている、みたいなデータがあればなお良し。」


これを受けて、さっそく私はインターネットをあたり、アメブロのブログネタ「海外の生活に憧れる?」を発見しました。
http://kuchikomi.ameba.jp/user/listEntry.do?prId=5339
このネタに対して、ブロガー達が次々レスポンスしていくという仕組みですね。
統計的な信頼度は低いかもしれませんが、若者たちの本音を見るのに、こんな良い媒体はありません。ざっと50のブログを読んだところ、驚くべきことが判明いたしました。

心の底から海外の生活に興味がない人。50人中 たったの 2人

そう、残りの48人は、多かれ少なかれ海外に対する憧れがあったのです!
そして、大多数は、海外に憧れつつ、海外に行けない色々な「気持ち」があることが判明したのです!

その中でダントツに一番多かったのは、「語学力に不安がある」ということ。
(その他には「お金がない」「治安が不安」「食べ物が不安」「飛行機が苦手」などの理由がありました。)


ゲームの企画とは、気持ちの問題を解決するために行うものでしたね。

だとすれば、問題がハッキリ判明した今なら、ハッキリした企画を考えることが出来るはず...!


という流れで修正したものがこちら。
バイヤーRPG企画_ハンバレク_100415b.pdf


ぜひ項目1と3の変化をご覧下さい。

1. こんな人のこんな気持ちが

海外の文化や生活に憧れているが、言葉のカベが不安で、なかなか行動に踏み出せない...

3. こんな気持ちに変わった!

憧れていた海外の文化や雰囲気に触れることが出来た!
語学を習得すると自分の世界が広がることも分かった!


ごらんのように、とても具体的になり、企画の目的が分かりやすくなりました。
石川さんからも「んー、まあいいかな」と、お褒めの言葉。あ、ありがとうございます!
もちろん、これは決してパーフェクトな回答ではないかもしれません。
だからこそ言える、この企画書はこれから更に進化し続けると!

わくわくしますね。最後までお読みいただきありがとうございました。



写真.jpg

ランチメニューが一種類の中華料理店。
入店して黙って座っていれば、料理が出てきます。
こ、これが通の店か...ゴクリ。
posted by @hambalek at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | インターン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。