2010年07月14日

E3で紹介された、アーティスティックな作品四傑

こんにちは。
超久しぶりのブログ更新になります。

当ブログは、福岡でのインターンでの記録がメインコンテンツでしたが、
とっくにインターンが終了してしまったこともあるので、方向性を変えて
いきたいと思っています。

ゲームを紹介したり、ゲームビジネスについて意見を出してみたり、
そういう漫然とした、ブログにしていこうかな。続けていくうち、何か
「これを書くべきだ!」っていうコンテンツが出てくれば、そちらに注力
しますし、その辺は柔軟にやっていきます。

まあ、つまり、普通のブログです。よろしくお願い致します。


---------------------------------------------------------------


さて、本題。
今更ながら、E3で紹介された最新ゲームをチェックしていたのですが、
とても、面白い絵作りの作品がいくつもあり、驚きました。
およそ、「ビデオゲーム」という言葉からは、イメージできないタイプの
絵が、ゲームとして発表され、かつ評価されていることに感激し、是非
これは非ゲーマーの人々に紹介したいと思いました。


こんな絵柄のゲームだったら、遊んでみたくないですか?

そんな作品を、4つピックアップしました。


1. Journey
http://thatgamecompany.com/games/journey/
開発元 thatgamecompany
対応ハード PS3
journey.jpg


2. LIMBO
http://www.limbogame.org/
開発元 Playdead
対応ハード Xbox Live Arcade



3. 大神伝〜小さき太陽〜
http://www.capcom.co.jp/o-kamiden/
開発元 カプコン
対応ハード ニンテンドーDS



4. Kirby's Epic Yarn
開発元 HAL研究所、グッドフィール
対応ハード ニンテンドーWii



---------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか。
どれも、触って動かしてみたくなるゲームばかりではありませんか?

posted by @hambalek at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。