2010年04月15日

3rd day : 企画の目的は問題解決である。

昨日からめっきり寒い福岡です。
こんな日には、屋台でラーメンを食べると旨いんでしょうが...うう、どこかに500円玉落ちてないかなあ。


昨日は題材論のレクチャーを受けた後、100の題材を考案し、そこから例の図表を参考にして、1つの題材を絞り込むというワークショップを行いました。

今日はその続きで、石川さんからエレメンツ特製の1P企画書シートを授けられ、昨日絞り込んだ題材を元に、項目を埋めていきました。

その特製企画書シートというのが、こちらです。ででん。

写真.jpg

クリックで拡大しますが、写真がぼやけてしまいました。
読みにくいので、ご説明すると、本企画書は以下の主項目でなりたっています。


1. こんな人のこんな気持ちが

2. こんなゲームをすることで

3. こんな気持ちに変わった!

4. ゲーム概要

5. ターゲットユーザー

6. ゲームの特長

7. 競合するゲームや娯楽との優位点、差別点



ご覧の通り、一つ一つの項目が非常に意義深い企画書です。
石川さんが、丁寧に各項目について解説してくれましたが、これ本当に深いです。
どの項目一つとっても、相当しっかりお話していただきました。


さて、これらの項目を見たとき、すぐに私はとてもユニークな項目があることに気付きました。これはきっと、石川さんらしい、或いはエレメンツらしい項目なのではないでしょうか。
そう、この企画書の最重要項目、1〜3です。


「こんな気持ちが」、「こんなゲームをすることで」、「こんな気持ちに変わった!」


この一見変わった3つの項目、実はある根本的な理由を聞くと、とても重要、かつ企画の基本であることが分かります。

その理由とは、「企画の目的は問題解決である」ということです。

例えば、洗剤の企画を考えるのであれば、汚れた食器が問題であり、それを解決するための企画が洗剤であり、きれいな食器が問題解決後の状況になります。

「油で汚れた食器が」、「こんな洗剤を使うことで」、「こんなにピカピカになった!」

洗剤と違ってゲームの難しいところは、ゲームはプレイヤーの心に訴えかけるものということです。プレイヤーの食器やモノをどうこうする訳ではありません。

だから、問題提起から解決までの流れは、必然的に心の変化に着目することになります。

「仕事のストレスが」、「太鼓をバシバシ叩くゲームをすることで」、「スッキリした!」

というのが、ゲームの企画が行う問題解決の流れなのですね。

ゲームの企画をするというのは、ある心の問題に対して、ゲームを使った解決方法を提案するということなのです。


私は、プレイヤーの気持ちの変化を考えることがこれほど重要、というか企画という行為の根幹にあるとは、今日まで思いもよりませんでした。
しかし、言われてみれば、納得です。


とはいえ、納得したところで、この企画書、不慣れな者には乗りこなすのが相当に難しいじゃじゃ馬となっております。
私の前のインターンの方もかなり苦労されたようですね。
(FUKUOKAゲームインターンシップBLOG http://gff.jp/internship/2010/04/315319-1.html
でも書きました。書きましたとも。明日のインターンでバリバリ赤を入れられるはずです。

明日は、私が何を書いて、どこを直されたのかお知らせしたいと思います。
きっと面白いですよ。乞うご期待。

(今日は朝も夜も松屋だったのでグルメ写メは無しですw)
posted by @hambalek at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インターン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146557869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。